ケトン食 かんたん・おいしいレシピ集

冷やし中華風

hiyashichuka

ゴールデンウィークが過ぎるとだんだん気温も上がり日差しも強くなってきます。
そんな時はさっぱりしたものが食べたくなりますよね。そんなときの定番と言えばやはり冷やし中華。
「糖質ゼロ」や「低糖質」の食材を上手に利用すれば、手軽に冷やし中華風の料理が作れますよ。

【材料】

 糖質ゼロ麺          1袋(180g)
 ●ごま油           小さじ1/2
 胡瓜             15g(斜めうす切り3枚分位)
 糸寒天(乾燥)        1g
 ☆卵             1/2個
 ☆生クリーム         小さじ1
 ☆塩             少々
 サラダチキン(スモーク味)   30g
 ○ぽん酢           25cc
 ○パルスイート        1~1.5g
 ○ごま油           小さじ2

【作り方】

《準備》
・糸寒天は水でもどしておく。

  1. 胡瓜は太めのせん切りにする。
  2. ☆の材料を混ぜ合わせ、小さじ1/2の油を入れたフライパンで薄焼き卵を作る。
  3. 2が冷めたらせん切りにして錦糸卵を作る。
  4. サラダチキンも太めのせん切りにする。
  5. 「糖質ゼロ麺」は水でさっと洗い水切りして●のごま油を全体にからめたあと器に盛り付ける。
  6. 5の上に1、3、4ともどした糸寒天を盛り付ける。
  7. ○の材料を合わせてしょうゆだれを作って器にうつす。

【1ヶ当たり】

エネルギー量   280kcal
糖質       1.0g
ケトン比     2.7:1
(使用する商品によっては栄養量が異なる場合があります)

※しょうゆだれに豆板醤を少々加えると、大人向けのピリ辛のたれになります。
※「サラダチキン」は各種味付けや糖質量が異なります。ご使用の際はパッケージに表記されている糖質量をご確認ください。
※卵に入れる生クリームやたれに入れるごま油を多くするとケトン比が高くなります。
 (例えば、生クリームを小さじ1.5杯、たれのごま油を小さじ3にすると・・・
  エネルギー量 347kcal、ケトン比 3:1となります)
(上記とは別に、小さじ2のごま油を加えた『わかめスープ』などを添えてもケトン比は高くなり、油も無理なく摂取できます)

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

クリーミープリン

creampudding

ゼラチンを使って作る、簡単プリン。
ゼラチンの量しだいでカスタードクリームに近いプリンにもかためのプリンにもなります。
今回はなめらかな食感のプリンのレシピをご紹介します。

【材料 カップ(容量100cc程度)2個分 (作りやすい量)】

 卵黄             1ヶ分
 パルスイート         6~8g
 生クリーム(植物性)     100g
 牛乳             40cc
 ゼラチン           0.8~1g

【作り方】

《準備》
・ゼラチンを小さじ1程度の水にふり入れてふやかしておく。

  1. ボウルに卵黄とパルスイートを入れてすり混ぜる。
  2. 鍋に牛乳と生クリームを入れて火にかけて温める(沸騰させないよう注意!)。
  3. 2にふやかしたゼラチンを入れて溶かし火からおろす。
  4. 1に3を少しずつ加えて混ぜる。
  5. 4の粗熱がとれたら器に入れ冷蔵庫で冷やす。

【1ヶ当たり】

エネルギー量   233kcal
糖質       2.5g
ケトン比     3:1
(使用する商品によっては栄養量が異なる場合があります)

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

かんたん洋風茶碗蒸し

tyawanmusi

忙しい朝でも簡単に作れるメニューをご紹介します。
材料をあわせてレンジで加熱するだけの簡単レシピ!後片付けも楽チンですよ。
今回は目先を少しかえて、コーヒーカップよりやや大きめのカフェオレカップで作りましたが、なければ普通の茶碗蒸しの容器でOKです。

【材料 カフェオレカップ(容量300~400cc程度 1ヶ分】

 卵              35g
 生クリーム(植物性)     20g
●コンソメスープの素(顆粒)  1g
●水              100cc
●塩              少々
●こしょう           少々
 リセッタ           5g
 ベーコン           15g
 ほうれん草          20g

【作り方】

《準備》
・卵は割りほぐしておく(一度裏ごしするとなめらかな舌触りに仕上がります)
・●の材料を合わせて火にかけ、コンソメスープの素が溶けたら常温に冷ましておく

  1. カフェオレカップに割りほぐした卵と生クリームと常温になった●を合わせて混ぜる。
  2. 1にリセッタ、食べやすい大きさに切ったベーコンとほうれん草を加えてさっと混ぜる。
  3. 2を500Wの電子レンジで2分30秒加熱して出来上がり。
    (電子レンジの種類により加熱時間は若干異なります)

【1ヶ当たり】

エネルギー量   242kcal
糖質       1.5g
ケトン比     3:1
(使用する商品によっては栄養量が異なる場合があります)

※材料のリセッタをオリーブオイルに替えると更に洋風感が増します。

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

Soyボーロ

soybo-ro1

もうすぐひなまつり。
ひなあられのかわりに良さそうなお菓子をご紹介します。
大豆粉にきな粉を少し合わせることで風味がよくなります。ショートニングを使ってホロっとした食感を出しました。上のココアクリームとココナッツクリームがケトン比を上げるポイントです!

【材料(直径1.5cmボーロ 15~20個分)】

 大豆粉         10g
 きな粉         5g
●卵黄         1/2個分
●生クリーム(植物性) 4g
●ショートニング    8g
●バター        5g
●パルスイート     6g
☆ココア(粉)     1g
☆バター        5g
☆パルスイート     1g
☆生クリーム(植物性) 5g
★ココナッツオイル   3g
★パルスイート     1g
★生クリーム(植物性) 3g

【作り方】

  1. ●の材料をボールに入れ、やや白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。
  2. 1に大豆粉ときな粉を入れて混ぜひとまとめにする。
  3. 2を15~20等分して丸める(一度冷蔵庫で冷やしてから包丁で等分に切り分けるとよい)。
  4. 3を温めておいたトースターで7~8分焼く(焦げやすいので上にアルミ箔をのせて焼いて下さい)。
  5. ☆の材料をよく混ぜ合わせてココアクリームを作る。
  6. ★の材料をよく混ぜ合わせてココナッツクリームを作る。
  7. 4のボーロが冷めたら5と6のクリームをトッピングする

【1人前当たり】

エネルギー量   334kcal
糖質       3.0g
ケトン比     2.9:1
(使用する商品によっては栄養量が異なる場合があります)

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

ニョッキ(クリームソース)

nyokki

寒さ乾燥が厳しい毎日で、体調管理に十分な注意が必要ですね。寒い時期は食欲が増す筆者です。
今回は、大豆粉とサイリウムを使って、ニョッキ(パスタ)をイメージしたレシピを紹介したいと思います。小麦粉・ジャガイモを使わないので糖質を抑えられて、ボリュームもしっかりあるレシピなので、ぜひお試しください。

【材料(1人分)】

(ニョッキ)
〇大豆粉(みたけ)    10g
※きめの細かい粉末状がオススメ
〇サイリウム      4g
〇生クリーム      5g
〇鶏卵         5g
〇オリーブオイル    5g
〇食塩         0.1g
〇水          10g

(クリームソース)
★ベーコン       20g
★オリーブオイル    3g
★おろしニンニク    0.3g
★塩・こしょう     少々
☆生クリーム      10g
☆スライスチーズ    10g
☆水          適量
●オリーブオイル    3g
●バジル粉       少々

【作り方】

  1. 〇の食材をボールに入れてよく混ぜてください。
  2. 粉がまとまり滑らかな団子状になったら、伸ばしてお好みのサイズにカット、形成してください。

    ※丸い円盤状に形成して中央にくぼみをつけると、火も通りやすいです
  3. 沸騰したお湯で2~3分程度茹でてザルにあけてください。
  4. ★食材をフライパンで加熱して火を通してください。
  5. ☆食材を入れてチーズが溶けるまで加熱。水分がなくなってきたら水で伸ばしながら混ぜ合わせてください。
  6. ゆであがったニョッキに5のソースをかけて、上から●の食材をかけて完成。

【1人前当たり】

エネルギー量   373kcal
糖質       2.5g
ケトン比     3.0:1
(使用する商品によっては栄養量が異なる場合があります)

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

レアチーズケーキ

reacheese

今回は簡単に出来るレアチーズケーキを作ってみました。
火を使わずに混ぜるだけ、材料も少ないので忙しい日でも楽ちんです。レモンやヨーグルトの酸味で爽やかに食べられます。

【材料(150ccカップ1個分)】

クリームチーズ     18g
生クリーム       50g
パルスイート      3g
ヨーグルト       20g
レモン汁        3g
ゼラチン        0.8g

【作り方】

  1. クリームチーズ 1個に生クリームを少しずつ加えて混ぜ、マヨネーズ状になったら、更にパルスイート、ヨーグルト、レモン汁を加えて混ぜる。
  2. ゼラチンに大さじ1杯水を加え、600Wの電子レンジで約10秒加熱しゼラチンを溶かす。
  3. 1に2を加えて混ぜ、容器に入れて冷蔵庫で約2時間冷やす。

【カップ1個当たり】

エネルギー量   292kcal
糖質       3g
ケトン比     3.2:1

《3:1にするには…》
・材料をヨーグルト25g、生クリーム45g、レモン汁2gに変更するとケトン比が3:1になります。

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

串カツ

kushikatsu

年末まで残り2週間をきりました。平成最後の年末と思うと、しみじみと何か感じるものがあります。
今回は選ぶ食材によってはケトン比が変わってきてしまいますが、串カツをご紹介します。

【材料(豚串3本、アボカド串2本分)】

 ●豚バラスライス      50g
 ●アボカド         35g

【材料(バッター液)】※()は実際に使用した分量

 ●卵            50g(12g)
 ●生クリーム(植物性)   20g(5g)
 ●マヨネーズ        15g(3g)

【材料(その他)】※()は付けやすい分量

 ●おから          70g(30g)
 ●サラダ油         適宜(14g)

【材料(タレ)】

 ☆ウスターソース      7g
 ☆トマトケチャップ     4g

【作り方】

《準備》
・串に豚バラ肉とカットしたアボカドを刺しておく。
・バッター液の材料を混ぜ合わせ、串をつけやすい平らな容器に移す。
・おからも同じく、串をつけやすい平らな容器に用意する。

  1. 豚串とアボカド串をバッター液に浸し、おからをつける。
  2. 揚げ油を180℃に熱し、豚串とアボカド串を入れ、それぞれこんがりと色づくまで揚げる。
  3. タレをお好みでかける。

【豚串3本、アボカド串2本(タレをかけた場合)】

エネルギー量   458kcal
糖質       3.5g
ケトン比     3:1

【豚串3本、アボカド串2本(タレをかけなかった場合)】

エネルギー量   445kcal
糖質       0.6g
ケトン比     3.8:1
※串に刺したときの具材の状態により、バッター液とおからがつく量が変わってくるため、ケトン比が変わる可能性があります。
※吸油率は10%とし、サラダ油の量を計算しています。

《その他にも…》
 ●豚バラ肉の代わりに同量(50g)の豚もも肉を使用した場合、エネルギー量 206kcal 糖質 0.2g  ケトン比 2.3:1になります。
 ●うずら水煮(1ヶ約9g)を3個使用して揚げた場合、エネルギー量 113kcal 糖質 0.2g  ケトン比3.3:1になります。

記事をご覧になる方へ:
掲載記事については主に、当院でてんかん食食事療法を行っている患者様向けになっております。てんかん食食事療法は医師の指示のもとで行われるものです。現在、食事療法を行っていない場合には専門医療機関の受診をしていただく必要があります。

1 / 1012345...10...最後 »